さぁさぁさぁ、今年もこの季節がやって参りました世界陸上。

見所は何と言っても私的にはウサインボルト、ジャスティンガトリンの100m走ですが皆さんどうでしょうか?

ボルト氏は言わずと知れたジャマイカの世界最速のスプリンターで9秒58という最高のタイムの記録保持者ですがガトリン氏はアメリカの選手で9秒79ですね。

注目の予選と本選をピックアップしてみました。

何レースで走ったのかは順不同ですが一応掲載しておきます。

注目選手のみ

条件下:向かい風0、1m

・9秒96パウエル

・ゲイ・10秒11

・ガトリン・9秒83

・ルメートル・10秒12

・プロメル・9秒92

・ボルト・9秒97

・高瀬慧・10秒15

・ジニービゴ・9秒92

・カタールの選手・9秒99

なんとガトリンが予選で9秒83という好タイムを記録!軽やかに走っているように見えてこんなに速いとは!

コンディションの良さがわかりますね。

また、日本の高瀬が予選タイムにしては中々の好タイムをたたき出していました。

本選でも力が出せるように温存して頑張ってほしいものですね。