ジャンクスポーツの特別企画で力士の50m走対決がやっていたからタイムを乗せる。

力士4人での対決でメンツは以下のとおり。

栃煌山
佐田の海
豊ノ島
大砂嵐

10代一般男子平均7秒85とのテロップが表示されていた。

やはりスタート時の瞬発力はさすがのものだった。力強い走りだったのう。

悪く言えば力任せの走りともいうべきなのか?

んまあぁ、最初の5mまでは力士が最速だということが頷けるものじゃ。

んで、一番初めにゴールしたのは佐田の海だったそうな。

タイムは7秒6じゃ。う〜む、どうなんじゃろうかこのタイムは

うんまぁ0、25秒だけ力士の方が速いということじゃな^^個人の素質も多分にあると思うが。

しかし今回の放送をご覧になった方なら力士は以外と体脂肪率が低く筋肉質であることがわかるじゃろ?

太って走れないと思いきや全然そんなことはなく身軽に走っていたそうな。

まあ、常に筋トレしているらしいので当然といえば当然じゃろうがお相撲さんの意外な一面が垣間見れたので良かったのう。

まったく、人は見かけによらんのう。

しかし、アスリートの中ではお相撲さんはそんなに速い部類には入らないのではなかろうか?

同じ重量級のスポーツのプロレスラーのオカダカズチカの50m走は5秒94と陸上経験者の貫禄を感じさせるタイムじゃが角界の中にそのような経験者がたとえ存在していたとしてもそこまでのタイムは中々出せるもんじゃなかろう。

ましてや、200キロ近い巨体を持つのだから少々動きが鈍くなるのは当たり前じゃろうからな。

よって角界の中で手動計測5秒台を出せる力士は皆無なのではないかと推測できるな。

逆にそんな力士が居るというのであれば是非ともお目にかかりたいものじゃ。