大学生はそもそも50m走を測る事は少ないとは思いますが、表を見てみればお分かりのように18~19歳までの平均が載ってますね。19歳の標本数は820とやや少なめになっていますがまあ平均値を概算するには可能な範囲ではないのでしょうか?

18歳の平均タイムが7.47秒と一年前の高校生だった時期と比較し、0.19秒も遅くなっていますね。これも中学から高校への受験と同様に高校から大学へ進学する為の受験勉強が一因していると考えられますね。
19歳の平均タイムは0.4秒縮んで7.43秒と、速くなってはおりますが、伸びは大した事ありませんね。やはり、成長期を終えたという事がタイムの縮みを悪くしているのかもしれません。また、20歳になるとスポーツをする人は限られてくる事もあってかこのような値が出たのかもしれませんね。
19歳というと大学二回生ですからスポーツをやっている学生としては一番時間に余裕のある時期ですね。1σ離して6.96秒ぐらいであれば俊足と言え、2σ離れた6.49秒ぐらいであればかなりの俊足と言え、3σ離れた6.02秒ぐらいであれば紛れも無い俊足です。4σ離れた5.55秒ぐらいの人も速いスプリンターであれば出せる数値なのではないでしょうか?
手動でも5秒台は一般人が出すのはほぼ無理で、走りを専門にやっているスプリンターなどの陸上競技経験者か野球やサッカー界でもトップクラスの脚力を持つ人ぐらいしか五秒台は出せないと見ています。万一、一般人で手動でも良いので五秒台を叩き出せる方がいれば是非お顔が見てみたいです。