立ち幅跳びは跳躍系の瞬発力を見る体力測定での項目です。

小学校のスポーツテストから行われており、誰もがやったことのある種目なのではないでしょうか?

立ち幅跳びの成績が良い生徒は50m走や走り幅跳びなどの成績も良いケースが多いです。

しかし、50m走や走り幅跳びは平均並みにも関わらず立ち幅跳びだけは良いという生徒も中には居ます。

それは走力に要される瞬発力と跳躍力に要される瞬発力が異なるということが要因です。

また、センスやコツ次第でポテンシャルを十分に生かすことも可能な種目です。

小学生の立ち幅跳びの平均はどのぐらい?

以下の表をごらんください。

立ち幅跳びの平均や世界記録など

  • 小学校一年生男子の平均が117センチメートル、女子が107センチメートル
  • 小学二年生男子は127cm、女子は117cm
  • 小学校三年生の男子139cm、女子128cm
  • 小学校四年生男子が149cm、女子が139cm
  • 小学五年生男子は157cm、女子は148cm
  • 小学校六年生男子は168cm、女子154cm

どうでしょうか?女子が一年遅れで男子の平均に付いていっているのが分かりますね。

私が小6の時に行ったスポーツテストではクラス1の生徒が197cm、学年トップが207cmでした。

中学生の立ち幅跳びの平均はどのぐらい?

再度掲載

立ち幅跳びの平均や世界記録など

  • 中学校一年生の男子の平均は180cm、女子は160cm
  • 中学2年男子が197cm、女子が165cm
  • 中学三年生男子は210cm、女子は168cm

男子は中学三年で2メートルを越してその後の結果も伸び続けるのに対し、女子は中学三年で立ち幅跳びの平均記録が頭打ちになるのが分かりますね。

中3の時のスポーツテストのクラス1は250cmで学年トップが262cmでした。

高校生の立ち幅跳びの平均はどのぐらい?

再度掲載

立ち幅跳びの平均や世界記録など

  • 高校一年生男子の平均は220cm、女子は165cm
  • 高校二年生男子が226cm、女子は166cm
  • 高校三年男子が229cm、女子は167cm

立ち幅跳びは男女差が激しい種目なのか?高校に入るとかなり引き離されるようです。

高3の時のスポーツテストでのクラス1は266cm、学年トップが285cmでした。

大学生の立ち幅跳びの平均はどのぐらい?

再度掲載

立ち幅跳びの平均や世界記録など

  • 大学一年生の男子(18歳)の平均は231cm、女子は167cm
  • 大学二年生男子(19歳)は231cm、女子は166cm

体力測定はほとんどの種目で高校3年次がピークに達する中、立ち幅跳びではピークが大学1、2年なんですね。

一般人・成人・大人の立ち幅跳びの平均はどのぐらい?

  • 20〜24歳の男子の平均は229cm、女子は167cm
  • 25〜29歳の男子の平均は226cm、女子は167cm
  • 30〜34歳の男子の平均は222cm、女子は166cm
  • 35〜39歳の男子の平均は216cm、女子は164cm
  • 40〜44歳の男子の平均は211cm、女子は160cm
  • 45〜49歳の男子の平均は204cm、女子は152cm

20代以降は徐々に下降していくようです。

立ち幅跳びの世界記録はどのぐらい?

公式記録ではレイユーリーの347cm、非公式の記録では室伏広治の360cm以上が有名です。

室伏広治の立ち幅跳び

室伏は握力計でも測定不能、100m走タイム10秒6などと様々な種目でその道のプロを同等の記録を打ち立てています。

超速筋タイプの室伏広治なら超瞬発力があるので立ち幅跳びで公式の世界記録以上の記録を出せてもおかしくはありませんね。

室伏超え!?立ち幅跳びの記録がNFLドラフト候補生によって更新された。

実は2015年2月25日にNFLコンバインで373cmというとんでもない記録を打ち立てたアメフト選手が存在します。

彼の名はバイロン・ジョーンズ

アメリカで一番人気のあるスポーツであるアメリカンフットボールという競技のNFLという超人的身体能力を持つ猛者達が集う団体でトップレベルの跳躍力を誇ります。

以下の動画をごらんください。

バーティカルジャンプ(垂直跳び)でも110cmという人間離れした身体能力を見せつけています。

世界にはとんでもない人材がいるものですね。

まとめ

どうでしたか?冒頭でも申し上げたように走り幅跳びや50m走は得意だけれど、どういうわけか立ち幅跳びは苦手だ!という方も結構居ます。

立ち幅跳は助走が付けられない分、本格的な、正味の跳躍力を測れる種目なのかもしれません。

また、斜め横に飛ぶ力を測る立ち幅跳びが優れていれば真上に飛ぶ垂直跳びも優れているのではないか?

という疑問を持たれる方も多く居ますがこのケースも同じ跳躍力ですがやや異なるそうです。

つまり、横や斜めに飛ぶのと真上に飛ぶのとでは跳躍や瞬発の性質が違うということです。

だから短距離走にはめっぽう強いが垂直跳びの結果は芳しくないという人が多いのです。

速筋型の人は跳躍力も優れている傾向にあり、有利だとは思います。

しかし身体の使い方やセンスのほうが大事だという声も多くあります。

なのである程度のコツさえ掴んでしまえば立ち幅跳びの記録は大きく伸ばせるのかもしれません。