運動会のシーズンも差し迫ってきた昨今、今宵は如何お過ごしかな?

ワガハイは相変わらず他人のタイムに余念が無いぞ。

諸君の学校ではきっと今頃、運動会リレーの選手の選考をしているのではなかろうか?
ワガハイの家も小学校が近いから、その様なムードで沸いているぞい^ ^
おぬしもリレーの選手に選ばれると良いな!
ガーッハッハッ!!
ワガハイの小学生時代は6年の時、リレーの選手選考時に選ばれたいが一心でクラスの子と競走するとき、足が滅茶苦茶ガクガクして本来の力を出し切れず、通常時よりも0.4秒程遅いタイムを出してしまったものだ。
うむ、0.4秒というのは陸上100m走の世界では死活問題となりうる。
おぬしも9.9秒と10.3の違いが分かるじゃろ?
小学生の50m走だったら8.4秒と8.8秒の違いが取れ程のものか分かるはずじゃ。
前者では中々速いねぇ、と言われ後者ではちょっぴり速いね言われるわな。
やはりな、ワガハイの経験上競走に対して情熱をもつ者にとってスタート時に足がガクガクする事は避けて通れない道だという事じゃ。
特に小学生は陸上習ってる子でもない限りは場数が少ないだろうからな。
ワガハイは中学生の時も頻繁にあったのを覚えているがな。ガーッハッハッハ!
0.4秒速ければ6秒台突入するのに7.3秒だった時のあの悔しさと言ったらもう‥‥
言葉では言い表せない何かがあるのだな。
んで、小学生時代、最後の運動会は結果リレーの選手に選ばれず補欠‥‥
補欠かぁ
その時の気持ちを例えるのなら
部活の大事な試合でレギュラーメンバーに選出されなかった人がベンチでメンバーの活躍を観ているだけと言うようなある種の無力感を感じざるを得なかった。
リレーの選手=レギュラーメンバー
補欠=ベンチ
みたいなものだからな。自分には走る才能が無いのだな、選手になれず補欠だなんて、身体能力が選手よりも劣っているのだな‥と何度も自分にネガティブな問い掛けをしたもんじゃ。
まったく、懐かしい話だな!ガーッハッハッハ!
まあ、それはあながち間違いでは無かったのだがな!
走るという行為は才能が7割、努力が3割といっても過言では無いのじゃ。
まあ、これはほぼ全てのスポーツに言えることでもあるのだがな。
他人と同じぐらいの練習量を積んでいるのにも関わらず普通もしくはそれ以下のレベルにしかならない。と言うのはちょっと厳しい言葉だが、才能が無い以外の何物でも無いワケだな。
やはりな、才能のある者はちょっとの練習量で凡人よりも早く結果として現れてしまうもの。
イヤでも現れてしまうものなのじゃ。
ワガハイの経験上、判断の目安としては3年間競技を続けてみてもパッとしないとかレギュラーに選ばれないとか、伸び悩むようであれば才能無いと見ても良いと思うぞぃ。
才能のある者は3年以内に周りよりも優れた結果を出すものじゃ。というよりも、才能のある奴はそもそも身体の動きからして違うし、凡人がいくら頑張っても到達不可な領域が存在するワケだ。
まあ、非常に厳しい言葉になってもうたがこれは事実だから仕方がないのう。夢のないことを言ってすまぬ。
ついつい、良くも悪くも事実や現実を伝えたくなってしまうワガハイの癖が出てもうた。スマンスマン(^_^)a