野球選手やサッカー選手で五秒台だと記事なんかに書かれている人たちがおりますが、その中で本当の意味で五秒台を出せる人は皆無でしょう。
本当の意味で五秒台とは、電気時計計測での五秒台という意味です。
スポーツ新聞とかの記事で五秒台と記載されているアスリートの殆どは手動計測で50m走を測定しております。ひどい場合は加速走のタイムを記載する人もいるらしいです。まあ、速さを強調させたい気持ちは分からなくもありませんが、手動のタイムは電動タイムよりも0.24~0.5秒程速くなるとも言われていますし、野球選手やサッカー選手の五秒台は限りなく信憑性が低いです。というかウソも同然です。それを公然と五秒台と公表しちゃったりしていますからね。どれだけの国民がスプリンターよりも野球選手やサッカー選手の方が足が速いと勘違いしているかは想像に難く無いはずです。
これにはスプリンターも笑うしか無い状況なのでは?と思います。せめて手動であることを書け!と言いたいです。
また、50m走5、3秒というありえないタイムをたまに見ますが、これは間違いなく手動計測による加速走orよーいドンっと言う前に走るフライングをしてから走るのどちらかでしょう。まず、50m走を5、3秒で走れる人は電気時計測定では世界中に1人もいません。手動計測でも5、3秒は一流のスプリンターでも無い限り難しいでしょう。まず五秒台前半とか記事に書いてあっても踊らされないで欲しい。こういうタイムが公表されていたとしてもこれはどうせ手動フライング加速走測定だろうな、と軽く流しておきましょう。
スプリンター以外のアスリートを日本中からかき集めて50m走を電気時計で計測させたとしても6.0台が関の山で5秒台を出せるアスリートは完全に皆無とは言い切れませんが、居たとしても5.99とか5.98とか5.9台が限界でしょう。まず、居ないと思いますが^^;
そして、100m走になると野球界・サッカー界での最速は11、0秒程度です。サッカーの長友選手が10、8秒というのを聞いた事がありますが、あれも電動計測かどうかは疑わしいです。
今後は、野球界やサッカー界も電動計測のタイムを記事に載せるべきだと思います。手動の五秒台のタイムを記載するとしても括弧書きでこのように→〇〇選手5、8秒(手動)と書いておくべきです。これはマジで急務だと思いますよ。スプリンターの名誉を守る為にも絶対にそうした方が良いと思います。