自分一人で50m走のタイムを測りたいと思う方も居られるのではなかろうか?

そんなオヌシの為に一人でも50mタイムが測れる環境を作る方法を伝授するから参考までに読んでくれ。

距離測定編

むろん、50mを自分で測るには50mという距離を測定しなければならん。

その為にはどこかのお店で距離計測器具を購入しなければならん。

 

近くのホームセンターやネットでも購入できるのじゃが計測器具なら何でも良いという訳では無い。

巻尺式はダメじゃ。ローラー式を買うようにせねばならん。理由は以下に書いておる。

 

購入したら近くの大きな公園などの広い場所に行って距離を測るのじゃ。

しかし、この距離測定とやらは一人でやる場合、50m巻尺のメーターを使うのは御法度じゃ。

何故なら巻尺メーターは0m地点と50m地点に人が居なければならず、一人で測るのは困難を極めるじゃろうし、測りにくいので誤差も生じてしまい正確な距離を測りにくい。

 

しかーし、どうしても一人で測りたい場合、役に立つ器具があるのじゃよ。

 

それは、ローラー式の距離計測機である「ロードメジャー」じゃ。

 

これはローラーとメーターが付いていて器具を転がした距離に応じて数字が変わってゆく。

 

これなら道をなぞって行くだけで50mが測れるという寸法じゃ。

 

良い作りの物じゃと大体1万〜数万円前後

安い物じゃと4000円前後で購入可能じゃ。

どうじゃろうか?今の世の中はホント便利になったもんじゃのう。次はタイム測定編じゃ。

 

タイム測定編

自分で片手にストップウォッチを持ってスタートと同時に計測ボタンを押し、ゴールと同時に計測ボタンを押す。

おそらく「一人で50mタイムを計測する方法」というと誰もがこの方法が思い浮かべると思うのじゃよ。

 

しかーし、この計測方法じゃと確実に誤差が生じてしまうものじゃ。

何故なら正式な50m走はタイムが計測された後にスタートするのに対し、上記の方法じゃと、走り始めてからの計測になってしまうのじゃ。

 

これはつまりじゃ、約0、5秒程度得しているという事になるのじゃ。

 

つまり、本当の走力は50m7秒なのに6秒5と出てしまうという訳じゃ。

 

それに、ゴールは胸が通過した時点で計測を止めなければならないのじゃが自分でゴール直前にストップウォッチを止める作業は足がゴール地点に到達した時となってしまいがちじゃ。足の方が当然胸よりも前に出るもんじゃからこれでもほんのちょっとじゃがコンマ秒得しとる事になる。

 

じゃから「あれ、俺こんなに速かったっけ?」っていう勘違いに繋がる危険性も孕んどるし、これじゃとツマランと思うのじゃよ。誰も好きこのんで0、5秒〜1秒速いタイムを知りたい訳じゃあるまい。

 

正確なタイムが知りたい訳じゃしな。

そういった理由から自分でストップウォッチを持って測るという50mタイム計測方法はあまりお勧めできんな。

 

ではどう測れば良いのか?という疑問が湧いてくるのは当然じゃろう。

 

近年、世はホント便利になったものでなんと一人でのタイムを計測可能にする器具が存在するのじゃ。

 

ワシゃ〜これを見てぶったまげたものじゃ。

 

おぬしにも是非この感動を味わって欲しいものじゃ。

 

そのスグレモノがこちらの光電管じゃ。

スタート地点、ゴール地点に上記の写真のような一組の光電管をそれぞれ配置する。

 

お値段はちょっと高いが正確なタイムが何度も測定できるうえ、タイムの記録を保存したりpcに転送することだって可能じゃ。

 

因みに区間単位での計測も可能じゃから3組買えば、スタート地点、中間地点、ゴール地点それぞれ一組の光電管を配置してタイムを測定できるのだよ。

 

ワシはこのやり方で100m走のタイムと50m走のタイムを同時に計測しとる。

 

つまりワシにとって光電管での計測は日常そのものなのじゃよ。

 

んまぁ、自慢はこのぐらいにしておいて、光電管での計測が俗に言う電気時計計測と言われている。

じゃからこれで測ったタイムは堂々と公称して良い。

 

しかし、ストップウォッチで計ってもらったタイムよりも0、3〜0、6秒ぐらい遅いものじゃから「う〜む、やっぱり電動計測は甘いものじゃないのぉ」と初めて測った時にはそう呟いてしまったものじゃ。

 

んまぁ、光電管は多くの一般市民にとっちゃ敷居が高いと思うから現実的では無かろう。

 

じゃから電動計測よりは正確性に欠けるが片手でストップウォッチを持って一人計測するよりは正確な方法を以下に伝授しようと思うぞぃ!

できるだけお金をかけずに50mタイム(手動)を計測する方法

50mを走る様子をビデオカメラで撮影し、その映像をストップウォッチで計測するという手法もある。

 

今はスマホが普及しとるからスマホのムービー撮影で50m地点にセットしておいてその映像から50m走のタイムを計測すればお金をかけずに一人でも50mタイムの計測が可能じゃろう。

 

だが、50m地点にスマホをセットしておくといってもこのようなスマホを立てるスタンドは必要不可欠じゃから最低でもこれは買っておくことじゃ。

 

こんな感じの物じゃ

んまぁ、スマホよりはビデオカメラの方が画質も良いし見やすいので動画やムービーで撮影してストップウォッチで50m走を計測する手法ならビデオカメラを三脚に立てて撮る事をお勧めするぞぃ!

ちょっと値は張るがな。