走魂 2010年1月7日放送
番組の企画である小学生女子日本記録を塗り替えへの挑戦に、1人足手まといになっているメンバーがいた。それはNEWS加藤成亮。加藤は、メンバーから鈍足と言われ、このままでは番組内企画を達成できないと言われた。そんな加藤がタイムを縮めるという事に挑戦した。
加藤のタイムは初め16秒台だったが、他のメンバーにこれではダメだと言われ10日間で目標を14秒台に設定する。
高野進コーチにシザースジャンプや走り始めの10m区間は前傾姿勢にするなどのタイムを縮ませるコツを教わっていた。
尚、同じメンバーの増田君は50mを6秒で走るとのこと。
そして、練習4日目途中経過ではあるが、タイムは15秒63を叩き出した。
本番10日目、加藤の出したタイムは14秒89!
なんと10日で1、15秒もタイムを縮める事に成功!
?走魂 2010年1月14日放送
100m×4リレーで小学生女子の日本記録である51秒32を超えるという企画。
前回のチャレンジは55秒6にという散々なタイムに終わり、足手まといとなっていた加藤の足を速くした後にリベンジすることになる。
メンバー4人の自己ベストは以下の通り。
加藤成亮14秒89
増田13秒61
小山14秒22
手越14秒33
このタイムは手動か電動かは分からないが、まあ一般人と同等か、増田のタイムは一般人よりもやや速いぐらいだろう。
で、54秒30で前回のタイムを上回った。
その後、高野コーチにダメだしされ、バトンの渡し方のコツを学び、陸上用のスパイクに履き替えるなどをして再チャレンジする。
それが功を成してかタイムは53秒08!小学生女子日本記録には及ばずも1日で1秒半縮ませていました。