先日土曜、ふと新聞のテレビ欄を見ていたら、100m走の文字が目に入った。

何っ!?

すぐさま私はチャンネルを回した。

まるで私を待っているかの如く良いタイミングで100m走が始まった。

今までのTEPPENで行われた100m走のダイジェストだった。

この番組は芸能人の中でそれぞれの特技を競い、頂点を目指すといった趣旨のものらしい。2010年から始まっているらしく、今年で四年目になるという。

100m走が行われたのはまだ2回のみで、今週土曜の放送で3回目ということになる。

私は、すぐに隣の部屋からストップウォッチを持ってきて手動ながら各芸能人のタイムを計測した。号砲の合図と共にストップウォッチを押し、選手がゴールラインに胴体が付くのと同時にストップウォッチを止める作業は、テレビ越しに幾度と無くやってきたので自分で言うのもナンだが朝飯前だ。

以下は私が手動で測定した各芸能人のタイムだ。速い順に並べてある。

武井壮 11秒フラット(これは頂点になった者のみが知らされる速報タイムで恐らく電動だと思われ、正確なタイム)

ダン・アベ 11、24

おねだり豊 11、4

ダンテカーヴァー 11、51(初代王者。速報タイムの為、正確だと思われ)

聖也 11、61

ワッキー 11、76

JUNO 11、89

佐野岳11、9

清水良太郎 12、28

ざっくりになってしまったが、こんな所だろうか。まあ、武井とダンアベ以外は手動なので、正確なタイムでは無いが、大体皆この程度のタイムだろう。

テッペンの番組制作者に物申すとすれば全員の正確なタイムを掲載してくれ!という事だ。

そうすれば更に楽しくなるだろう。少なくとも私はそう思った。

折角100m走という誰もがエキサイトする素晴らしい企画なのに、優勝者のタイムしか知らされないと言うのでは少し勿体なく感じる。
この企画の良さを十二分に発揮するには各参加者のタイムを表示するようにしたほうが企画としての面白みも増すので絶対に良いだろう。