ダイエットを頑張った人の中には、リバウンドで努力が無駄になったと嘆いている人もいます。

リバウンドは、ダイエット時のストレスから、以前より多くの食べ物を食べてしまうことによって起こると思われがちです。
もちろん、その原因もありますが、それ以外にも「高確率でリバウンドが引き起こされる罠」というものが存在します。
多くのダイエッターがなぜリバウンドしてしまうのかについて、客観的な事実を知っておくと、そこに陥るのを避けることができるかもしれません。

 

リバウンドの大敵「停滞期」

リバウンドの多くは、停滞期と呼ばれる期間に発生しており、この時の対処いかんが、ダイエットに成功するがどうかの分かれ道になります。
ダイエットのような外部環境の変化あると、人間の体は生命維持のために体を一定の状態に留めようとします。これをホメオスタシスといいます。
無理なダイエットによって急激に体重が減少すると、身体が危機を感じて正常な状態を維持しようとして、体重が落ちなくなるわけです。

リバウンドが起きやすい状態になるのは、ダイエットによって全体重の5%が減少した場合か、食事制限を1カ月続けた場合だといいます。
体が節約モードになると、少ない食事量でも体重や体温が変動しないようにと、人間の体は新陳代謝を減らし、体内に供給される食事を体脂肪にしておこうとします。
ダイエットした時に訪れる停滞期は、1ヶ月前後はつづくと言われています。

ということは、食事を急激に制限せず、体重の減らし方を減らし方をゆっくりにすることで、体が危機的状況を察知することはなくなりますので、ホメオスタシスが機能することはありません。
それまではせっせとダイエットに取り組んでいても、停滞期になって体重の減少が確認できなくなると、ダイエットを諦めたくなります。
体重が落ちなくなったからと、この時点でダイエットをやめてしまうと、リバウンドしやすい状態になるので、できれば避けたいものです。
ホメオスタシスが働いたことによって、停滞期に入っていると代謝が下がり、カロリーが脂肪になりやすくなっているということを、知っておくことが大事です。

ダイエット中の停滞期を何とかしてやり過ごし、リバウンドが起きないように、じっくりと時間をかけて体重を減らし、身体に負荷がかかりすぎないようにしましょう。

 

リバウンドを防ぐ筋力トレーニング

リバウンドしないようにダイエットをしたい場合は、食事量を減らすだけでなく、運動をしながらのダイエットをしましょう。
体を使う機会が少ないと、筋肉自体がだんだん少なくなって代謝が悪くなり、太りやすい体質になります。体を動かすことで筋肉の衰えを予防し、筋肉で消費できるカロリーの量を減らさずに済みますので、
ダイエット後のリバウンドリスクを下げることができます。

筋肉を鍛える運動には色々なものがありますが、リバウンドを防ぐための運動なら、スクワットがいいでしょう。体内に蓄積されている脂肪を効率的に燃焼させるため、ダイエットをしている最中でも、スクワット運動は効果的です。
下半身に筋肉があまりついていない女性にとっては、スクワットを用いての筋トレはとても大事です。きれいな脚線美をキープしたいなら、時間のある時にスクワット運動をして、筋肉を強化しましょう。
もしもリバウンドを防ぐつもりなら、スクワットはとても重要な役割を担っています。1日何回かのスクワットで体をならすことで、運転したくない人にも体を動かしやすくなります。
スクワットをする前は、十分に準備体操をして、体を温めてくおくことが大事であると言われています。体に筋肉がついて、これまでの運動が余裕でできるようになったら、少し運動強度を上げてみるのがおすすめです。
ダイエット効果をより高め、リバウンドを確実に防ぐためには、スクワットだけでなく、有酸素運動であるジョギングや、ウォーキングなどを実践するという方法もよいと言われています。