ミヤネ屋の司会者である宮根誠司さんがマスターズ陸上で大阪1位を取ると宣言しているのを聞きました。

これは勿論、マスターズの事を言っているんでしょう。

宮根さんは51歳なのでマスターズM50に挑戦することになります。

M50は50〜54歳までの男性の大会です。

マスターズ1位では無く、大阪1位と言っているのが肝です。

全国1位ですと11秒台中盤なので1年ではかなり無理がありますが大阪1位なら12秒台後半なので無理ではないと思います。

100mを12秒台後半。このレベルの走力は50mをストップウォッチ計測で6秒6秒程度、電気計測で7秒1程度の走力が求められます。

運動神経が悪くなければ数ヶ月ぐらいのトレーニングで到達可能な域でしょう。

既に東京マラソンに出場し、走ることに対しての持久力がついていて、肉体改造で無駄な贅肉をそぎ落とし、6パックの筋肉を手に入れているミヤネさんであればキッツイ無酸素運動にも慣れていると思うので年内に13秒を切ることはそこまで難しくは無いと思われます。

問題は多忙なスケジュールの中で誰に指導をしてもらうか?どのようなトレーニングメニューで取り組むのか?です。かなり気になります。

あと、今のタイムも是非知りたいところです。ミヤネさんは肉体年齢的には若いと思うので平均以上の100mタイムを出すのではないかと予想しています。見積もって15秒台、盛って14秒台中盤ぐらいでしょう。

まあ、次のミヤネ屋あたりで計測VTRが流れるのでしょうが楽しみにしてます。