今年で102回目をむかえる「日本陸上競技選手権大会」通称“日本選手権”ですが、今年は6月22日~24日の日程で山口県で開催されます。

【第102回日本選手権 開催の概要】

・日時 2018年6月22日~6月24日 14時~
・場所:山口市 維新みらいふスタジアム
・チケットの販売:特設サイトにて案内
・メディア放送:
テレビ-ライブ配信 NHK
結果速報  日本選手権102特設サイト内にて

陸上日本選手権とはどんな大会?

日本陸上競技選手権大会、通称「日本選手権」は、1913年から続く陸上競技大会です。陸上の日本一を決める大会で他の世界大会の代表選考を兼ねることもある。2018年は8月に開催されるジャカルタ アジア競技大会の日本代表選手の選考も同時に行われる。

競技種目はトラック競技・フィールド競技の男女各18種目計36種目で実施される。

陸上日本選手権の種目内容:

100m、200m、400m、800m、1500m、5000m、10000m、110mH(100mH)、400mH、3000m障害物、走高跳、棒高跳、走幅跳、三段跳、砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投

2017年日本選手権大会 短距離優勝者と世界記録

昨年2017年の日本選手権の優勝者の記録から世界レベルまでを比較してみました。(100mと200m抜粋)

種目 2017年記録/秒 大会記録 日本記録 世界記録
男子100m 10.05
サニブラウン・ハキーム
10.05(2002)
朝原 宣治
10.00(1998)
伊東 浩司
9.58(2009)
U. ボルト
男子200m 20.32
サニブラウン・ハキーム
20.03(2003)
末續 慎吾
20.03(2003)
末續 慎吾
19.19(2009)
U. ボルト
女子100m 11.52
市川 華菜
11.29(1991)
P.トンプソン
11.21(2010)
福島 千里
10.49(1988)
F.ジョイナー
女子200m 23.63
市川 華菜
22.73(1991)
P.トンプソン
22.88(2016)
福島 千里
21.34(1988)
F.ジョイナー

他のトラック競技、フィールド競技の2017年の記録は>>> 2017日本選手権・結果

こんな記事もどうぞ