部活や専門的に陸上競技をやってきた人ならともかく、あまり本格的に走った経験のない私のような素人は、とにかく自分のランニングフォームに自身が無いもの。

「正しいフォームで走っているんだろうか?」

「フォームを改善したら、もっと早く走れるようになるんじゃないかな?」

正しく、効率的なフォームというものを知らないため、疑問はつきません。

 

そんなときには、ちょっと時間をとって、専門家や詳しい先生に聞いてみたほうが良いです。

自己流で間違ったフォームで走り続けるより、最初に正しいフォームを知って、改善していったほうが良いですもんね。

また、正しいフォームで走ると、ひざや腰など、体への負担が少なく、無駄な肉がつきにくいため、健康的できれいにやせることができると思います。

今回は、そんな、フォームを改善したい人に送ります。

 

フォームを客観的に診断したい人向け

スポーツ・シューズ/ウェア・メーカーのミズノが、東京、北海道、大阪、京都、熊本(現在復旧中)沖縄のエスポートミズノもしくはミズノが指定管理者になっている体育施設で提供しているのが、「フォーム診断 F.O.R.M」です。

モーション・キャプチャーに使う測定器具を体につけ、トレッドミルで5分くらい走り、動画撮影を行って、フォームを診断してくれます。

診断の基準は?

このF.O.RM、どのような基準で採点してくれるかというと、複数の研究者やランニングコーチの知見と、あらゆるレベルのランナーのデータを総合的に分析して、統計的な手法で得点を出してくれるそうです。

つまり、誰か一人の独特なフォームとかではなく、万人のデータから導き出した、理想的な走り方と比較できるということなんでしょうね。

ミズノランニングフォーム診断システム「F.O.R.M.」

https://www.mizuno.jp/running/runningform/
結果は、以下のような5つの項目で、点数が算出されます。

各項目100点満点で、平均は70点くらいだそうですよ。

スタンダードコースは3,000円、プレミアムコースは6,000円で診断してくれます。

mizno2

ランニング専門のスポーツジム「ハイテクスポーツ塾」

神田神保町に、ランナーのための総合施設ハイテクタウンがありますが、その1階にあるのがランニング専門のスポーツジム「ハイテクスポーツ塾」です。

「ハイテク」といわれるゆえんは、その、充実したマシン群にあり!

その一部をご紹介します。

カンド君

kando
理想のランニングフォームを習得するための認知動作型マシンです。

認知動作とは、がむしゃらに走ったりするのではなく、自分の体と対話するように、脳や神経も研ぎ澄ましながら、身体感覚を磨いていくトレーニング手法です。

これにより、正しい体の動かし方を、覚えこませることができます。

走るときに、正しく体を使えているか分からない、私のような人にとっては、ぴったりのマシンですね。

マリノ

marino
こちらは、走るための筋肉の使い方や、筋肉そのものを鍛えるマシンです。

太ももやふくらはぎだけでなく、大腰筋や腸骨筋など日常生活ではなかなか動かせない筋肉を使わないと動かないマシンなので、インナーマッスルを鍛えることができると同時に、正しいインナーマッスルの使い方を体感できます。

また、重心の真下に接地する効率の良い着地を意識することができるため、ランニング時のブレーキロスを押さえ、スムーズな重心移動が身に付くため、効率がよく、疲れにくいフォームが身につきます。

半重力トレッドミル「ドリームハンター」

上記動画で、猫ひろしさんがトレーニングに使っているのが、スポーツジムとしては国内で初めて導入されたという、半重力トレッドミル「ドリームハンター」です。

猫さんだけでなく、国内外のトップ選手も使用しているトレーニング機器みたいです。

なぜ、半重力なのかというと、動画でマシンを見ると分かるように、下半身がドームに覆われていて、そのドーム内の空気圧を下げることで、体重への負荷を最大50%まで軽減できるからです。

こうすることで、通常の重力の時では活用しきれていない筋肉を鍛えることができるそうです。

また、速いスピードで長時間走り続けると、脳がその動きを記憶し、神経も鍛えられるため、速い動きが出来るようになります。

同ジムにある、「高速トレッドミル」でも同じように、速く走るための神経を鍛えることができます。

(最大時速36kmまで可能だそうです。。。すごい。。!)

アスリートだけでなく、リレー選手を目指す小学生やシニアの方も数多く利用していますので、「足が速くなりたい!」と思う方はトライしてみてはいかがでしょうか。

http://www.hi-sports.com/gym/index.html

ハイテクスポーツ塾

ランニングのプライベートレッスン

近くにそんなジムが無いという方や、たまに行くのは良いけど、いつもは近くで正しい走り方を教えてもらいたいという方は、ランニングのプライベートレッスンを受けてみるのも良いと思います。

「サイタ」では、さまざまな分野の先生が、教室やプライベートレッスンを開催していて、ランニングでも、走ることに長けた先生がたくさんいます。

陸上競技やランニングを本格的にやってきて、実績もある先生ばかりですので、そういう人に教わってみると、自分の走り方の改善点を的確に指摘してもらえると思いますよ。

https://cyta.jp/run/

ランニングのプライベートレッスン
saita

こんな記事もどうぞ

  • すぐに効果が出る、100m走のタイムが早くなる走り方のコツすぐに効果が出る、100m走のタイムが早くなる走り方のコツ みなさんは速く走る為にスタートからゴールまで常に速く走ろうと思っていませんか? 100m走は短距離ですが前半と後半では走り方が変わってきます。ですのでここでは、前半と後半に […]
  • 一般的なトレーニングの原則と短距離走一般的なトレーニングの原則と短距離走 ~短距離走を速く走るには~ 身体の「バネ」と鍛え方の記事で、短距離走では「伸張性収縮力」を鍛えることが重要と述べました。 では、実際のトレーニングはどうすればよいのでしょうか。 […]
  • 短距離走おすすめトレーニング短距離走おすすめトレーニング 一般的なトレーニングの原則と短距離走の記事で、一般的なトレーニングの原則について紹介しました。 短距離走で重要なキーワードは「伸張性収縮力」「特異性の原則」「過負荷の原則」です […]
  • 中長距離走を速く走るためのトレーニング中長距離走を速く走るためのトレーニング 中長距離走を速く走るには、他のスポーツの例に漏れずトレーニングが重要です。 具体的なトレーニングを考える前に、一般的なトレーニングの原則を見ていきましょう。 一般的な […]
  • ~短距離走を速く走るには~ 身体の「バネ」と鍛え方~短距離走を速く走るには~ 身体の「バネ」と鍛え方 「速さを生み出す原動力」の記事で、 速く走るには身体の「バネ」が重要であることを述べました。 では、身体の「バネ」とは何なのでしょうか。 また、それを鍛えるにはどのような運 […]
  • これはすごい!足が速くなるテーピング方法これはすごい!足が速くなるテーピング方法 足が速くなる方法と言ったら何を思い浮かべますか? 私は輪ゴムを足の親指にクロスさせて引っ掛けるあの方法が一目散に思い浮かびました。 それよりもっとずーっと効果的な方法 […]