2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は30日、五輪の一般チケットの価格を発表しました。

開会式の最高額のチケットは30万円(税込み)と決まりました。

また、チケットの全体の半分以上が8千円以下と設定されました。

東京五輪・パラリンピック大会組織委は詳細な競技スケジュールの公表後、各競技のA~E席の最大5種類のチケットを19年4月以降に公式サイトで抽選販売を受け付ける予定です。

チケット価格幅は2020円~300,000円

国際オリンピック史上最多の33競技339種目で競われる東京五輪の開会式、閉会式と観戦チケットの価格が発表されました。

最高額を含む開会式(1万2千~30万円)と閉会式(1万2千~22万円)が5段階で発売されることとなり、A~E席の5種類のチケットが販売されます。

一方では、競技チケットの最高額は男子100メートル決勝などが行われる陸上競技・午後決勝で、最高額のA席が13万円で、最低額のE席が5800円と、ここでも5段階に分かれて販売されます。

また、世界的に人気の高いバスケットボールの観戦チケットは最高10万8千円です。

さらに、日本のメダルが期待されている競泳(最高10万8千円)や野球(最高6万7500円)などは1万円以下のチケットを含む4種類が用意されることとなりました。

その一方で、近代五種や射撃の予選はA席2500円のみのチケットとなりました。

チケットの抽選販売は19年4月以降

チケットの抽選販売は19年4月以降に公式サイトで受け付けることとなっていますが、購入にはIDの登録が必要です。

また、一般チケットとは別に、組織委はラウンジで飲食をしながら競技を楽しめる「ホスピタリティパッケージ」や、12歳未満の子供や60歳以上のシニアを含むグループ向けで1枚2020円の「みんなで応援チケット」などの企画も予定されています。

https://twitter.com/Tokyo2020jp/status/1090490038008406016

さらに、車いすユーザーと同伴者のチケットや、小中高生の団体向けの「学校連携観戦プログラム」が用意される予定です。

パラリンピックを含め、チケットの売り上げで、収入全体の1割強の820億円を見込んでいるそうです。

 

価格幅があり、購入しやすくなった感じがします。

また、学生や年配者への特別な枠があるようで、多くの人が観戦できそうですね。

早くID登録して、今からでも貯金を頑張りましょう。

東京オリンピックチケット概要発表!気になるお値段は!?

「祝日の大移動」と「2千円~30万円チケット」:東京五輪ニュース

2020年東京オリンピック・パラリンピック大会のチケット価格について

 

こんな記事もどうぞ