スポンサー広告

2019年6月20日にオリンピックの先行抽選結果が発表になりましたね。
当選した人、はずれた人いろいろですが、ここで終わりではなくまだまだ先があります。

オリンピックチケットにはずれた人のチケット入手方法

残念ながら抽選にはずれた人でも、この先チケットの入手機会は複数あります。

  • 2019年秋以降の先着順販売→再抽選を実施予定
  • 2020年春の公式販売所での窓口販売
  • 公式リセール(再販売)サービス(2020年春以降)
  • 旅行会社のオリンピック観戦ツアー
    ※公式販売は、近畿日本ツーリスト株式会社/株式会社JTB/東武トップツアーズ株式会社のみです。2019年7月頃からツアー予約が始まるようです。
  • その他各競技スポンサー、オリンピックスポンサーのチケット無料キャンペーンへの応募。(詳しくは↓↓下記にて)

この際、公式サイトでも抽選なのでいろいろな企業のキャンペーンにも応募してみましょう。

それぞれの時期はまだ未定なので、オリンピックチケットの販売公式サイトかTwitterなどで情報をこまめにチェックしましょう。

>>> オリンピックチケット購入サイト

>>> オリンピック公式Twitter

特に「先着順販売」は、抽選申し込み同様にサイトのアクセスが混雑する可能性が大です。
また公式販売所の設置場所もまだわからない状態なので、来年2020年の開催1年前の7月24日~最終日8月9日あたりは何か情報がでるかもしれません。

オリンピックチケットに当選した人の支払い注意点

当選した人は「支払い」を完了して、はじめてチケットを手に入れることができます。支払い期限を過ぎると“無効”となります。

支払い期限は、

  • クレジットカード払い2019年7月2日(火)23:59まで
  • 現金支払い2019年7月4日(木)23:59まで

忘れずに支払いましょう。

当選したはいいけど、支払いの金額に驚いている人もいるのでは?
結構、支払いにも制約があるので注意してください。

>>> オリンピックチケッ「よくあるご質問(FAQ)」

オリンピックチケット支払いにクレジットカードが使えない?!

購入は基本的に「クレジットカード」か「現金」です。ここで注意ですが、

“クレジットカードはVISAブランドしか使えません。”

そう、JCBやMastarCardのブランドは使えないのです。ちょっとありえない話ですが、クレジット決済ができない場合は“現金支払い”になります。

他の支払い方法としては、

  • VISAネットプリカ(Vプリカ)での支払い >> Vプリカについて
    ※ネットショッピング専用のプリペードカード
  • Visaカード(クレジット、プリペイド、デビット)の申込

プリペイドカードなら国内在住で12歳以上の方は誰でも持てます。(クレジットカードのような審査は基本的にない)

それでもチケット代の金額分の現金は必要になります。

現金支払いの場合、コンビニ払いとなりますが支払い上限は「30万円未満(税込)」です。それ以上の場合は、クレジットカード支払いになります。

現在、三井住友カードでは「オリンピック観戦チケット(決勝)」のキャンペーンを開催中です。
2019年6月21日~2019年9月30日までにエントリーで観戦チケットが当たるチャンスがあります。(キャンペーン参加にはVpassIDが必要です。)


オリンピックチケットの支払いができない!分割はできる?

勢いで抽選に応募したものの、当選してチケットの金額を期限までに用意できない!という方もいるのでは?

原則チケットの支払いは“分割払い”はできません。そういう時は「クレジットカード」で決済しましょう。

なお、クレジットカード支払いでも「支払い限度額」を超えると決済手続きができないので、自分のカードの「ショッピングの支払い限度額」を確認してください。

それ以上になる場合は、カード会社に限度額の上限の引き上げを申請しましょう。電話かネットでできます。

基本的にチケット購入サイト内では分割払いはできないので、まずは全金額分を「一括決済(支払い)」します。その後、クレジットカード会社のサービスの「後リボ」というものを利用します。

この「後リボ」は、カード会社のサービスなので各クレジットカード会社によって呼び方ややり方は多少違いますが、ショッピングの支払い変更サービスです。

つまり一括(1回)で購入した支払いを後から「分割支払い」あるいは「リボ払い」に変更できるサービスのことです。ほとんどすべてのカード会社のサービス内容にあります。

これを利用すれば分割払いと同じになるので便利です。

ただ、気を付けて欲しいのが「変更手続きの期間が短い」ということです。各カード会社でカード利用締切日(毎月5日とか10日、末日)から利用額確定日までの2週間くらいで変更登録をするカード会社がほとんどです。

この期間を過ぎてしまうと、支払い日に全額一括で支払うことになるので気を付けましょう。まず、自分の持っているカード会社の「利用締切」を確認しましょう。

なお、分割払いもリボ払いもカード会社にローンを組んでいることと同じです。各カード会社の設定した金利(14%とか18%)が掛かってくるので、注意してください。

せっかく当選したオリンピックチケットなので、くれぐれも無効にならないように気を付けてくださいね。

はずれた方は、まだまだチャンスはありますよ!

2020年の東京オリンピックを日本や世界の多くの人で楽しめたらいいですね!!



Sponsored Link

こんな記事もどうぞ