夏のオリンピックの前哨戦ともいえる「アジア競技大会」がいよいよインドネシアのジャカルタで8月18日から開幕します。すでに男子サッカーやバスケットボールの予選は始まっていて、注目の陸上は8月25日からメインスタジアムで開催されます。

アジア競技会で行われる陸上の競技種目は夏のオリンピックとほぼ同じです。アジア競技大会のみの競技はいくつかあり、2018年に特徴的な競技種目として新たにeSportが入っています。

eSport開催についての詳しいことは>>>「e-Sports導入と日本代表選手

アジア競技大会の陸上競技種目と主な注目選手

≪男子代表選手≫

  • 100m: 山縣亮太、ケンブリッジ飛鳥(初)、桐生祥秀(初)、多田修平(初)
  • 200m: 飯塚翔太、山下潤、小池裕貴
  • 400m: ウォルシュ ジュリアン(初)、木村 淳(初)
  • 800m: 川元奨、村島匠(初)
  • 1500m: 館澤亮次(初)
  • 400mH: 安部孝駿(初)岸本鷹幸
  • 4×100mリレー :山縣亮太、ケンブリッジ飛鳥(初)、桐生祥秀(初)、多田修平(初)
  • 4×400mリレー :川元奨、安部孝駿、ウォルシュ・ジュリアン、木村淳
  • やり投: 新井涼平
  • 棒高飛: 山本聖、竹川俸生(初)
  • マラソン: 井上大仁、園田隼

出場選手の一言(男子)と選手情報 >>>

www.jaaf.or.jp

≪女子代表選手≫

  • 100m: 福島千里、市川華菜、世古和(初)、御家瀬緑(初)
  • 200m: 福島千里
  • 400m: 川田朱夏(初)
  • 800m: 木村夢(初)、塩見綾乃(初)
  • 5000m: 鍋島莉奈(初)、山之内みなみ(初)
  • 10000m: 堀優花(初)
  • 100H: 青木益未、紫村仁美(初)
  • やり投: 斎藤真里菜(初)、宮下理菜(初)
  • マラソン: 野上恵子、田中華絵

出場選手の一言(女子)と選手情報 >>>

www.jaaf.or.jp

他、競技は110H、3000mSC、走高飛、走幅飛、三段飛、円盤投、十種競技、20km競歩、50km競歩(男子のみ)があります。

アジア競技会2018の陸上競技日程と結果

アジア競技会の陸上競技は8月25日~8月30日まで試合が開催されます。注目の主な競技の開催日程は以下の通りです。

  • 8月25日(土)
    男子マラソン:-井上大仁(記録 2時間19分04)
    女子10,000m 決勝:7位-堀優花(記録 32:42.73秒)
    ■女子400m予選/準決勝
    ■男子400m予選/準決勝
    ■女子100m予選/準決勝
    ■男子100m予選
  • 8月26日(日)
    女子マラソン:-野上恵子(記録 2時間36分27)
    ■男子400mハードル予選/準決勝
    男子100m準決勝/決勝:-山縣亮太(記録 10.00秒)
    女子400m決勝
    男子400m決勝:5位-ウォルシュ ジュリアン(記録 45.89秒)
    女子100m決勝
  • 8月27日(月)
    男子400mハードル決勝:-安部孝駿(記録 49.12秒)
    女子3000m障害物決勝:8位-石澤ゆかり(記録 10:13.53秒)
    男子3000m障害物決勝:-塩尻和也(記録 8:29.42秒)
  • 8月28日(火)
    ■女子200m予選/準決勝
    ■男子200m予選/準決勝
    女子800m決勝:4位-北村夢(2:03.88秒)、5位塩見綾乃(2:04.57秒)
    男子800m決勝:7位-川元奨(1:50.87秒)
    女子5000m決勝:4位-鍋島莉奈(15:40.37秒)
    男子5000m決勝
  • 8月29日(水)
    女子200m決勝
    男子200m決勝:-小池祐貴(20.23秒)
    ■女子4×100mリレー予選
    ■男子4×100mリレー予選
    ■女子4×400mリレー予選
    ■男子4×400mリレー予選
  • 8月30日(木)
    女子4×100mリレー決勝:5位(44.93秒)
    男子4×100mリレー決勝:(38.16秒)
    女子4×400mリレー決勝:5位(3:34.14秒)
    男子4×400mリレー決勝:(3:01.94秒)

やはり注目はマラソンと男女100mとリレーでしょうか。なお競技の様子はTBS系で中継する予定です。

放送の詳細は>>>「アジア競技大会2018の日程と種目、放送について

東京オリンピックまであと2年。選手の実力の成果とメダルレースを楽しみましょう!

 

こんな記事もどうぞ